12月  
Friday, December 9, 2016, 12:00 PM - 未分類


霜が降りた庭







工房のツリー







修復 
Friday, November 4, 2016, 12:57 PM - 作品紹介


カップ(21年前)フチ欠けの修復。
辰砂釉(赤)に赤漆(フチの小さい赤い箇所)を合わせた。





マグカップ(近年)
削ぐように欠けた破片を接着。
隙間を黒漆で。





指描紋大鉢(20年以上前)。
フチ欠けをパテで補修。





カレー皿(フチ欠け)パテ埋め中、
いつ頃作ったのか分からない。
良く使い込まれている。





終了いたしました 
Monday, October 24, 2016, 03:51 PM - インフォ



最終日、忙しい一日でした。いつもの方々、
初めてお会いする方、有難うございました。
秋の陶房展は終了致しました。
秋を締めくくる正しい写真、大工さんご家族です。





お知らせ 
Monday, September 26, 2016, 06:03 PM - インフォ
FUNAKI POTTERY AUTUMN
舟木窯 秋の陶房展

会期・9月19日(月)〜 10月22日(土)
   10時 〜 16時 日曜休み




吉田喜彦(陶)さん、村上千彩(銅版画)さん
吉田さんは松山市「ギャラリー宇高」
村上さんは大阪「ART HOUSE」にて作品展です。
詳細は以下からどうぞ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉田喜彦陶展
10月9日(日)〜21日(金) 10~18時

ギャラリー宇

吉田喜彦陶展 案内状ができあがりました。
今回もすばらしい作品が並びます。
先生の作品は実物を見て手に取ってもらってこそ
そのすばらしさがわかると思います。
ぜひ見に来て下さい。

近年、私の展覧会が三つの美術館で開催され、
三館三様のよい展覧会でした。
六十年間の作品は同じような雰囲気を持っていました。
このくらいのことは私自身を褒めてやろうと想いました。
まだまだ大きくなれる可能性はあります。
新鮮で自由な作品を創りたい、
それにはなお一層厳しく生きなければなりません。

                  吉田 喜彦

●ギャラリー宇高
http://galleryu-udaka.seesaa.net



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「BOOK COVER」村上千彩銅版画展
ART HOUSE 2Fギャラリーにて

10月20日(木)〜24日(月)
11:00〜19:30

550-0014
大阪市西区北堀江1-12-16
06-4390-5151

●村上千彩
http://cream-newsnews.seesaa.net



展示風景 
Monday, September 19, 2016, 02:53 PM
FUNAKI POTTERY AUTUMN
舟木窯 秋の陶房展

会期・9月19日(月)〜 10月22日(土)
   10時 〜 16時 日曜休み




花活けは絡みあう野草そのままに活けた方が
この空間は馴染みそう。
















明日から 
Sunday, September 18, 2016, 09:11 AM - インフォ
FUNAKI POTTERY AUTUMN
舟木窯 秋の陶房展

会期・9月19日(月)〜 10月22日(土)
   10時 〜 16時 日曜休み




やはりこの花。

猛暑も過ぎて、癒やし、繕う、こんな言葉が
今回のテーマになりそうな明日からの陶房展です。
リピーターのお客様には、壁面を白くペイントした
会場が明るく感じられると思います。
世間話でもする気分で気軽にお立ち寄り下さい。






器の修復 
Tuesday, September 13, 2016, 10:42 AM - インフォ
陶房展開期中の欠けた器の
修繕についてのお知らせです


●また楽しんで使って頂ける程度の修繕です。
 無料で修繕させて頂きます。
 写真の陶器は自己流で修繕して10年位になりますが
 茶渋で同化して新たな景色になっています。

●舟木窯の器、フチ欠け程度に限り会期中に受け付けます。

●なるべく直接お持ち込み下さい。
 修復の可否は欠けの状態によります。

●修復完了後は、直接ご来訪戴くか、着払いに送らせて頂きます。




益田からのご依頼です。既に修繕を完了しています。
(5〜6年前の羽つきのカップ)



ふち欠けの修復(途中)











戻る 進む